• 美容皮膚科

「medicalforceはプラスアルファの価値を生み出せるカルテ」直感的なUIによりスタッフの教育コストを削減

オーマイクリニックは「医療をもっと利用しやすいものへ」という理念のもと、横浜で内科・総合診療・美容皮膚科など幅広い診療を行なっているクリニックです。

今回は、オーマイクリニック院長の山口征大先生にメディカルフォース導入の背景やご利用のメリットについてお話を伺いました。

直感的なUIによって導入時の教育コストを削減

– medicalforce導入前の課題を教えてください。

山口先生:
オーマイクリニックを開業する前は、非常勤スタッフとしていくつかの美容クリニックで働いていました。その中で、どのクリニックもカルテと予約管理のシステムが分かれており、その連携において無駄な作業が発生していたことを感じていました。

また、システムを使いこなせる人とそうでない人に分かれてしまっていたため、「このケースは〇〇さんに聞かないと」というように業務が属人的になっていたことに課題を感じていました。

そのため、開業する際は院内システムの利用に対して教育コストがかからず、直感的に使いこなせるシステムを導入したいと考えていました。

– どういった点が決め手となってmedicalforceをご導入いただきましたか?

山口先生:
電子カルテ・予約管理・会計管理などの機能が一体になっており、1つのシステムだけで完結するという点が決め手でした。それぞれのシステムに対してレクチャーを行うのではなく、medicalforceだけの操作方法を把握すれば良いため、教育コストが大幅に下げられそうだという感触はありました。

あとは、当時営業を担当して下さった大嶋さん(弊社代表取締役)の事業に対するパッションを感じたことも決め手になりました。

私は新しいものが好きなので、当時まだ未完成だったサービス※を一緒に改善して良いものにしていければとも思ってました。

※山口先生がサービスの導入を決定してくださったのはmedicalforceリリース直後になります。

– 実際に教育コストを削減できた実感はありますか?

山口先生:
直感的なUIで操作できるため、私自身は操作の大半をすぐに理解することができ、現場スタッフへのレクチャーも容易になりました。

細かい機能まで完璧に使おうとすると、ある程度覚えないといけないことはありますが、普段現場業務で使う部分においてスタッフが手間取るということはありませんでした。

過去の他システム利用経験からしても、最小限の工数に抑えられたと感じています。

ただのカルテではなく、プラスアルファの価値を生み出せる

– medicalforceを利用してよかったと思う点はありますか?

山口先生:
元々、私のようなクリニック経営者はマーケティングや採用などにリソースを割くべきだと考えており、電子カルテそれ自体はコストであると思っていました。

その中でmedicalforceは、電子カルテと予約、会計などが連動することで顧客情報を蓄積し、可視化することができます。

加えて、それをCRMという形でマーケティングに活かすことができるため、単なるコストではなく、プラスアルファの価値を生み出せるシステムだと感じています。

– その他、特に役に立っている機能はありますでしょうか?

山口先生:
デジタル問診票の機能が特に役に立っています。

患者様がQRコードを読み取って、お客様から事前に書いていただいた問診票をその場で確認できるので、待ち時間の削減に繋がりました。

またお客様からも、「事前問診がデジタルで完結するのが新しい体験だった」というような口コミをいただいたこともあり、プラスに繋がっているのではないかと思います。

必要な機能が全て揃っており、費用とのバランスが非常にいい

– 最後に、medicalforceの導入を検討されている方にひとことお願いします。

山口先生:
medicalforceは、できることとかかるコストのバランスが優れていると思います。

先に挙げたように院内経営に必要な機能が全て入っていること、また他社サービスの機能と比較した際にかかる費用としては非常に安価だなと思います。

他システムで同等の機能を有している場合は、サーバーを購入しないといけない等、より高価である印象だったので、システムの利用料を下げることにも繋がると感じています。

– 今後もmedicalforceがご支援を続けていけるよう改善を続けて参ります!本日は貴重なお時間ありがとうございました!

資料請求する

その他の導入事例

資料請求 無料デモ